ちんこを大きくする(ペニス増大)ための代表的な方法4選

ちんこを大きくする(ペニス増大)ための代表的な方法4選

男性の多くが、自分のちんこの小ささをコンプレックスしてとらえています。小さいペニスではどこでも恥ずかしいです。男として自信を持つことができず、いろいろな事に挑戦することもできません。

 

ヨーロッパでは、男性器を大きくすることはメジャーなものとしてとらえられています。ペニスの小ささに悩んでいる方は、様々な方法を検討してペニスを増大させていくことが必要な時代になってきました。

 

ペニス増大に効果的な方法といったら、4つが挙げられるので、代表的な方法を見ていきましょう。

医療器具

まず一つ目は医療器具が挙げられます。吸引などの方法でペニスを大きくする方法です。販売されている医療器具としては1万円から数万円程度のものが多いです。

 

吸引して大きくしたとしても、皮が伸びるだけといったケースも多く、自己流で無理やりやってしまうと、陰茎折性などペニスを骨折させてしまったり、ダメージを負ってしまって。感度が下がってしまうというケースがありますので注意してください。

外科手術

その次は外科手術です。形成外科のクリニックに行って、ペニスサイズを増大させる方法です。手っ取り早く効果を味わうことができます。その一方で失敗のリスクがあったり、コストがかかりすぎるという欠点もあります。ドクターの腕にかかっているので、不安な面も多いです。

サプリメント

その他にはサプリメントによる方法があります。ペニスのサイズをサポートしてくれる成分を普段から取っていけばいいのです。一番リスクは少なく、健康的な方法です。最近注目されているのは、アルギニンやシトルリンなどの成分です。

 

血管を拡張してくれる効果があって、ペニスの血流を良くしてくれます。スムーズに血液が流れることによって、普段からペニスを大きく保つことができます。

生活習慣

一番地道な方法ですが生活習慣の改善があります。足腰を鍛えてお日様に当たること、適度な運動をすること、現代人に欠けているのがこれです。お金もかかりませんし、サプリメントと同じく健康的な方法なのでおすすめができます。

 

地道な努力が必要になるので、時間がかかったり、面倒な思いをすることがあります。

まとめ

手っ取り早い方法といったらいい医療器具と手術。時間がかかって手間がかかるのが、生活習慣の改善です。その方法にもメリットやデメリットがあります。

 

ペニスを増大させたいなと思っている方は、様々な方法を比較検討していくことが大事です。サプリメントなら、安全性も高く、ペニス増大のサポートとしても効果が高いと言われているのでおすすめですよ。